【ゲスト講師】ドラえもん

こんにちは、心理カウンセラーの乾です。


本日は藤子・F・不二雄さんの『ドラえもん』の中の1つのお話し、[ファンタグラス]から僕の感じたことを書かせていただきます。

最初にお話しの内容を記載しておりますので、ネタバレが嫌いな方は続きを読まれないように気を付けてください!(;'∀')



ファンタグラスは眼鏡の形状をした道具で、これを装着して動物や植物を見ると、童話やファンタジーのように擬人化された姿に見え、その対象物の声も聞こえるようになるのです!

イメージしやすいように画像も載せておきますね!


テレレレッテレ~♪




ドラえもんの声が聞こえてきそうですね~。笑

あ、ちなみに左側から伸びているコードはイヤホンの役割で、これを耳に付けると声が聞こえてくるという仕組みになっています。



タンポポを簡単に捨てようとしたのび太に、ドラえもんがファンタグラスを渡します。

それをかけたのび太には、捨てられようとしていることに涙しているタンポポが映り、庭に植えてあげるのです(ちなみに1度隅っこに植えようとしますが、タンポポが「もっと陽の当たるとこにして」と要求する小ネタにクスッときます)。


するとタンポポはのび太に感謝を告げ、その様子を見ていた周りの木や花ものび太に色々苦情や要求を伝え、のび太は断れずに・・・・という形でストーリーが進んでいくのですが、最後は感動で心がほっこりします(*'▽')✨



さて、これだけでも十分に面白いお話なのですが、実はこのお話しもっともっと奥の深い設定が入っています。


それは、


“動植物の表情や言葉は、グラスの使用者の潜在意識が反映されているだけ”


だということ。


この設定が追加されただけで、読み込み具合がずっと深くなります!


つまり「色んな動植物の苦情や要求」は、のび太自身が根本的に優しい性格であるが故に聞こえてきたモノだということです。

繰り返しますが、彼らの表情や言葉は“事実”ではなく、のび太にはそう見えている、そう聞こえているだけなんです。


すっごく雑に言い換えます!


のび太の思い込みです!!!('Д')ファー!イッチャッタヨー