思い込みを手放す


武器を持っている人を見かけた時


あなたは何を思いますか?


多くの人はきっと


『誰かを攻撃するつもりなんだ!


あの人は危険だ!』と


そう思うかもしれない。


でもある人はこう言った。


「武器を持つ人によっては


自分や大切な人を守る為に使うこともあるよ」と。


同じような例は沢山ある。


失敗した後も平然でいる人は


失敗したことを反省していないのか?


それとも必要以上に落ち込まないように


平静を装おうとしているのか?


辛い出来事を笑って話す人は


辛い体験を完全に乗り越えているのか?


それとも笑ってごまかすことで


自分を保とうとしているのか?


何回も転職を繰り返す人は


1つ1つの会社に絶望しているのか?


それとも次の会社への希望を抱いて


前に進もうとしているのか?


正解は本人にしかわからない。


あなたが他の誰一人を完全に理解できないのと同じで


他の誰もあなたのことを完全には理解できない。


期待は相手にリアクションを求める。


そしてそのリアクションは自分の“期待”するもので


なければ納得がいかなくなる。


だから【相手に過度に期待しない】ことが大事。


でもそれは「諦め」ではなく「受け入れ」。


『相手を完全には理解できないよね』と思えば


相手のことを分かろうとしてあげる。


『自分を完全には理解できていないよね』と思えば


相手に自分のことを伝えていける。


過度な期待をやめれば


それぞれの人と自然に適切な距離を


作っていくことができる。


さて今目の前に一人の人が立っている。


その人はこちらに牙を向けて睨んでいる


・・・・ように見える。


“自分に対して怒っているんだ”と思い込むのか?


『何があったのか聞いてあげよう』と思うのか?


どちらもあなたが選択できること。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログを読んで疑問に思ったことや感想などありましたら

コメントいただけると嬉しいです。


では、また次のブログでお会いしましょう(^^)ノシ

#気づき #癒し

iCR

i Counseling Room

​療法紹介
Therapy guide
料金表
Price list
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
SNS連携
Connection