萱草色のシエスタ


2本の針は真上でピッタリと重なった。


背もたれにあずけた体をうんと伸ばすと


頭のスイッチは一旦オフになる。


午後からもうひと踏ん張りするために


エネルギーの補給は忘れない。


なるべく行儀悪くはならないように


他人より早めにお昼を食べ終えた。


ここからがちょっぴり幸せな時間。


今は影になっているが


午前中ゆっくり昇ったお陽さまの光で


優しくあたためられていたテーブルが1つある。


そこに座り少しだけうつぶせ寝をする。


小さく開いた窓からは


心地よい眠りに誘うかのように


澄んだ空気が時折入ってくる。


その風は秋のちょうど真ん中を感じさせる


金木犀の香りも一緒に運んでくる。


目を閉じたまま浮かぶ


きれいなオレンジ色の花に


ほんのりと気持ちが嬉しくなる。


車が行き交う音や


遠くで聞こえる工事の音


人の話し声や


ブラインドが風に揺れている音。


全てがオーケストラの一つの楽器だと


思えるほどに心は穏やかだ。


通いなれたオフィスの