1日分の勇気

最終更新: 2020年10月21日


頑張って頑張って


やっとの思いで出した勇気は


些細なことで挫けてしまう。


嵐の中でついたマッチのように


とてつもなく心細くて


ほんの一瞬しか保てない。


軽くあしらわれるのは嫌だけど


わかりやすい励ましや期待は


真綿で首を締められるような感覚で


やっぱりつらくなる。


たかが数分を乗り越える勇気のために


狭い空間の中で何日も迷い続けている。


部屋は明るく


周りに人はいる。


ご飯も食べれて


夜寝る場所もあるが


心は常に独りぼっちでいるような気がする。


決して人と比べているわけではないが


満たされない気持ちが日々強まっている。


それでも


悩み続けて夜を迎えるのは


もう終わりにしたい。


何年も光り続ける太陽にはなれなくても


もう一度勇気の火を灯してみる。


今日を乗り越える為だけの


小さな小さな希望の光になるように。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログを読んで疑問に思ったことや感想などありましたら