心理学検定

こんにちは。心理カウンセラーの乾です。

実は、先日心理学検定を受験しました。カキカキ( ..)φ__

『心理学検定』。名前だけは聞いたことのある人も多いのではないかと思いますが、今年が記念すべき10回目の心理学検定試験でした。年に1回(確か、毎年8月)しかないことを考えると、まだまだ歴史の浅い検定だとも言えますが、実は、『日本心理学諸連合学会』が主催しているという検定なのです!!

皆さん「だから、その日本心理なんちゃらが分からないんだけど・・・」

僕「・・・・。」

ぽいっ(@/^^)/~~~《http://www.sangyou.link/entry/2015/02/08/010246》(←心理学検定のこと、受検するメリットなどが簡単に書かれているので参考までに!!)

まぁ、一言でいえば『誰でも受験可能な上、信頼性が高い』資格であると言えます。また、心理学を学びたいが何から手をつけていいか分からない方の導入としても良いと思います。もちろん、この資格を取ったから就職に有利だとか、いきなりカウンセリングが出来るようになる訳ではありませんので、そこは勘違いなさらないように。

前置きが長かったですが、心理学検定を受けた時のお話です。

実は、こう見えて(どう見えて?笑)昨年初めて心理学検定を受験し、受験した8科目全て合格し、なんの間違いか1級に受かっているのです。

『2級受かっていたらいいな!』くらいにしか思っていなかったので、素直に嬉しかった記憶があります。

そして今年は昨年受け切れなかった残りの2科目を制覇し、『特1級』の称号を獲ってやる!!!

・・・・・・・という意気込みの一人歩き。泣

結果からいうと、完全なる準備不足で自信がありません。笑

試験会場は昨年同様、自宅(福井県)から一番近い金沢工業大学(石川県)でした。相変わらず立派な建物で全然迷わず辿り着きました!!

金沢工業大学

余談ですが、受験会場は今回全国で14か所しかなく、北陸では石川県に1か所だけなのです。試験を受けるのに車で往復4時間ほど・・・。泣

いずれ、福井に心理学検定の受験会場を一つ設けてもらえるようにすることが僕の夢の一つです。

話がそれました。( ^^) _旦~~

会場に入り、昨年と同じように受付を済ませようと受験票を係員に渡したその時!!!!!

係員の持っている名簿を見て「んっ!?」となりました。

名簿に記載されている受験者(80名くらい)のなかで自分の名前だけカタカナのフルネームだったのです。

何の嫌がらせかなと思い、確認をとると受験の申し込みの際、漢字で記入する氏名欄にカタカナで名前を登録していたせいで、氏名欄とフリガナ欄両方とも自分の名前がカタカナで登録されていたとのことでした。

2回目の受験にも関