心理カウンセラーの有るべき姿

どうも。心理カウンセラーの乾です。

最近はニュースを、新聞ではなくヤフーやLINEなどで読んでいます。どちらかと言えばアナログ人間なので活字で読みたいところなんですが、、、。

さて、今日はタイトルにある通り少し真面目な話をしたいと思います。

先日LINEニュースを見ていた時に、すごく残念な記事を見つけてしまいました。

見出しは、

【「思春期カウンセラー」を逮捕 中2少女買春容疑 】

内容はというと、『Twitter上で知り合った女子生徒に現金を渡す約束をし、みだらな行為をした』というものでした。

さらに驚くべきは、逮捕されたこの方、中高生らの保護者を対象に『子どもとの接し方』をテーマにした講演会をしていたということ。

中学生というのは、発達心理学でいうところの青年期(12歳~20歳)にあたり、それまで親の考え方や価値観を100%取り入れていた自分から抜け出そうとする時期になります。

『自分は、(親の操り人形ではない)一人の人間なんだ!!』という自己認識。

それはつまり、アイデンティティを確立しようとする、人生の成長において最も重要な時期の一つであると言えます。

それを私たちは「反抗」という形をとって、自分を確立していこうとするわけです。

あれは、一見「親」に反抗しているように見えますが、実は親の考え方や価値観を持つ「自分」に反抗しているのです。

だから、この時期(=思春期)は過度に親を拒むようになります。

親が部屋に入って来ようとすると、なぜだかすごく苛立ちます。

「勉強しろ!」と言われると、なぜだか一気にやる気がなくなります。

「おはよう。」の一言が言いたくなくなり、顔を合わせるのも嫌になります。

これらは全部、『自分が自分である』ということを認識するために必要なことなのです。

なかには、この時期に一切「反抗」せずに、思春期がなかったかのように思われている方もいらっしゃいますが、その多くの人が遅れてやってきた思春期に悩んだり、自我というものを確立でき