思い込み

どうも。心理カウンセラーの乾です。

先日の台風は本当にすさまじかったですね。

お話を聞くと、

「窓が割れるんじゃないかと思って眠れなかった」とか

「雨漏りや浸水して、大変でした」というようなことを皆さん口にしていました。

かくいう僕も台風が福井に近かった日の夜、運転中にある民家の前に大きくて中身のいっぱい詰まってそうなプラスチック製の箱が置いてあったのが目に見えました。その時は『何かが飛ばされないための重石としてこの家の人が置いているのか』っと思い通り過ぎたのですが、ふと横を見たらそのプラスチックの箱が僕の車の隣を転がっていたのです!!

100m近く併走したのち逃げ切りましたが、正直怖かったです。

ただ家に無事ついてから考えたのですが、そもそもプラスチックの箱はあの家のモノではなく、風で別の場所から飛ばされてきたものかもしれません。また、大きいから中にいっぱい入っていると思っていましたが、転がっていたとき中は空っぽでした。

結局僕の勝手な思い込みで、『あのプラスチックの箱は動かないだろう』と判断していた訳ですね。

上の文章では赤の太文字にしている部分が自分の思い込みに当たります。

【人は見たいように見る】という言葉がありますが、本当にその通りです。

そこで今日は、タイトルにある通り『思い込み』について少し語りたいなぁと思います。

ではでは、宜しければお付き合いください。

知り合いの美容師さんのところに初めて行ったときの話です。

髪を切ってもらいながら何気ない会話をしていました。

そんなとき、少し会話に意識を向けてみると、話すのも上手で聞くのも上手だな~と気づきました。

無理に聞かせようとするでもなく、大げさなあいづちをするでもなく、ちょうど良い『話す』と『聞く』のバランス。

ずっと入っていられるちょっと温かいお風呂のようなあの感じ。(伝わってくれ~~~!!!笑)

美容師さんはその職業柄、色んな方と話す機会があり、自然とコミュニケーション力や雑談力が備わっていくのだろうと思う一方で、もともと話すことが好きな人が美容師さんには多いのではないかと思っていました。

ですので、当然その方もそうなのだろうと。

しかし、その疑問をぶつけてみると・・・。

美容師さん「今でこそ喋れてるけど、美容師になりたてのころは全っ然喋らなかった。喋るのはあまり得意じゃないんです。」

僕「ェエ~!!(゚Д゚ノ)ノ」

座席から転げ落ちるほどではありませんでしたが、やはり意外でした!!!