湯加減はいかが?

どうも。心理カウンセラーの乾です。

気づけば2018年で、もう10日も経っていたんですね。きっとこんな感じで12月には『気づけば2018年もあと1ヶ月かぁ~』なんて飽きもせず同じセリフを言ってそうで少し怖いです。笑

年末に1年をまとめて振り返ることも楽しいとは思いますが、定期的に振り返って自分の目標に近づけているか、1歩でも自分が前に進めているかを確認しながら年の暮れを迎えることができたなら、大人になったなぁ~と自分を褒められるような気がしてます。

さてさて、福井市ではついに雪らしい雪が降り、冬らしい冬になって来ました!

したくない雪かきをすることになり、運転もいつもより気を張り、足元から冷えるあの寒さに耐える、、、正直嫌なこともたくさんあります。

しかし窓から見える一面真っ白の景色は、やはり冬にしか味わえない趣だと思う訳です。

「雪化粧」とか「雪の絨毯(じゅうたん)」とか、冬に使われる表現は素敵なものが多いと思いませんか?

こうなると入りたくなるのが、こたつ!

食べたくなるのが、みかん!!

浸かりたくなるのが、お風呂!!!(無理やり)

皆さん!お風呂は熱いのが好きですか?それともぬるめが好きですか?

僕はぬるめが好きです。眠たくなっちゃうのが少し怖いのですが。

ということで、今回のテーマは『湯加減』です!!

渋いですね~。笑

いきなり気が抜けてしまうかもしれませんが、良ければゆっくり浸かっていってください。笑

僕はお風呂(特に温泉)がすごく好きなのですが、この間お風呂屋さんに行ったときに脱衣所で大学生2人の会話が聞こえてきまして、、、。

Aさん「お前さ、ゼミのレポートもう書いた?」

Bさん「あ!やっべ。完全に忘れてたわ。お前は?」

Aさん「もう終わったー。まぁ、先輩のレポートをほとんど丸写ししちゃったけどさ。」

Bさん「ゆるっ!ぬるっ!それはぬるま湯だわ。お風呂だけに。笑」

・・・不覚にもこんなギャグに僕は笑ってしまったのですが、お風呂に浸かりながらふと『ぬるま湯』ってこんなに気持ちいのに、【ぬるま湯につかる】って『ダメになる』という意味で使われてるんだよな~と思ったわけです。

いや、分かりますよ。

不快な刺激は