夢からのサイン

『夢』って楽しいものばかりじゃない。

私はときどき夢をみる。

ときどきみる夢の中の私は

いつも誰かに追いかけられている。

いつも何かに追いかけられている。

それが誰かは分からない。

それが何かも分からない。

夢の中の景色は

私のよく知っている建物があり

私のよく知っている道路があり

私のよく知っている公園がある。

私は必ずその公園で

得体の知れない『何か』に捕まる。

どれだけ懸命に逃げても

どれだけ必死に抵抗しても

なぜかその公園にたどり着き

そこで捕まることを受け容れる。

そこはどこか安心感があり

その殺風景な情景とは裏腹に

妙な温かさがある。

少し前はなぜ同じ夢を何回もみるのか

不思議で仕方なかった。

でも最近わかった。

その夢をみるときは

仕事や用事でいっぱいいっぱいのとき

心に余裕のないときばかりだった。

そんな不安感や焦燥感に

夢の中で追いかけられていたのだ。