雪、大雪、そして豪雪!

どうも。心理カウンセラーの乾です。

もうタイトルで今回言いたいことは全て伝わると思います。

えー、なんと私の住んでいる福井県は、昭和56年の『五六豪雪』以来37年ぶりの130cm以上の積雪だそうです。

内容は良くありませんが、全国ニュースにもなっていますね。

今年は平成30年なので『三〇豪雪』とでも名前が付くのでしょうか?

普段の仕事に加え、「雪かき」がプラスされ、身体にも心にもこたえる日々がもうしばらく続きそうです。

ちなみに家の窓からはこんな感じ・・・・。

大雪

つららが牙みたいに見えますね。笑

そんな中、石川に住んでいる弟から久々電話がありました。

私「もしもし、どうした?」

弟「そっちは雪どんな感じ?」

私「福井はかなり積もっているよ。そっちは?」

弟「いや、石川は車が埋もれていて雪かく道具が取り出せない位すごい。」

私「福井も一緒だよ。」

弟「いや、石川は去年の比じゃないよ。」

私「福井は37年振りらしいよ。」

弟「いや、石川は・・・」

私「そんな中学生みたいな会話したくない。笑」

弟爆笑。

しかし普段連絡を寄越さない弟も、さすがに家が心配だったのでしょう。

そして、実は私には3つ離れた兄もいます。そんな兄と一緒に埋まっている車を掘り起こしていていたのですが、車の一部が見えた時の兄の表情と言ったら、宝物を見つけた子ども、そのものでした。

・・・・・えー、少し盛ってしまいましたが、しかし経験のある方なら分かってくれると思いますが、一部が見えると結構疲れていても、『よし!もうひと踏ん張りしよう!』と思えてくるものなんです。不思議ですよね~。