心が動く

どうも。心理カウンセラーの乾です。

通常のブログの更新が滞っていましたね。久々の投稿です!

最近の出来事を振り返りたいと思います。

まずはなんと言っても平昌オリンピック!!

日本中が感動の嵐に包まれました!

「結果を出してこそ」のスポーツの世界。

どの選手も辛い練習に耐え、他のことを我慢し、死に物狂いの4年間を過ごしてきたことでしょう。

そんな努力の固まりの人たちの中から、たった3人だけが栄光を掴みとり、残りの人は涙をのむ。

毎年メダルに届かなかった誰かがこう言うんです。

「精一杯やったので悔いはないです。」と。

僕にはこの言葉は精一杯の強がりに聞こえます。

悔しくないわけ無いと思います。オリンピックに出ている選手は、「メダル」がただ欲しいわけではなく、「表彰台」にただ立ちたいわけではないと思うのです。

メダルを獲り、表彰台に立つということは、自分の頑張りが報われ、4年間支えてきてくれた方への最高の恩返しになります。

選手たちは、きっと誰よりも「メダル」や「表彰台」が持つ意味をわかっている事でしょう。

だから、「精一杯やったので悔いはないです。」

この一言は4年間頑張ったが結果として残せなかった自分を、納得させる精一杯の強がりなのではないかなぁ~と。

しかし順位に関係なく、競技に臨む姿は間違いなく多くの方に感動を与えました!

それは『金メダル』以上の価値があると個人的に思っているのですが、、、、そりゃ獲れるなら『金』がいいに決まっていますよね。

平昌オリンピックに出場された皆さま、その選手たちを支えてこられた皆さま、本当にお疲れ様でした。そして感動をありがとうございました!

そしてこれは私事ですが、以前勤めていたところのお食事会に呼ばれまして、、、

いきなりテーマが小さくなったとか言わない!!笑

久々の再開でしたが、皆さん変わらず元気でした!

自分が喋ってばかりで今になって少し反省しておりますが、本当に楽しかったです。

きっと大変なこともあるのでしょうが、一生懸命毎日を過ごしているのだとわかると、自分もくよくよしていられないなと思って、頑張ろうと自然に思えてくるものですね。

意識はせずとも多くの方に支えられているのだと改めて実感した、日常の1コマでした。

そしてこれも私事ですが、少し前にカウンセリングを受けに来られた方から「すごく気持ちが楽になりました。」とメールをいただきました。

ちょうどその自分、『ちゃんと心理カウンセラーとしてやっていけているだろうか?』と少し悩んでいたこともあり、自分に足りないものに目を向けていた時期でしたが、そのたった一行にとても救われました。

僕が心理カウンセラーとしてどのくらい立派かなんて分かりません。

知識や技術、それこそメンタルに関してもまだまだ積み重ねていかなければならないと思っています。

しかし、少なくともその方は「行って話して、良かった。」と思っ