『幸せごはん』が食べたい!

久しぶりの通常ブログの更新になります。心理カウンセラーの乾です。

まずは、北海道地震の被災に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。一日も早いライフラインの復興と安全な生活を取り戻せることを切に願います。

先々月の西日本豪雨や猛暑に加え、大きな台風にも見舞われました。

ここ数ヶ月は心苦しいニュースが多いように感じます。

改めて自然の恐ろしさを感じながらも、ニュースやSNSを通して募金やボランティア活動などが行われていることを知ると、人々の温かさのようなものも感じられ、本当に心の折れるような事件や事故、災害の起こる日々の中にもどこかに必ず希望はあるということに気づかされます。

が少しほっこりする話』

こんな状況だからこそ、今日はそんな話をさせて頂きます。

【あるクライエント様とカウンセリング中での出来事】

カウンセリング中にメモを取ってもらっていたときのこと。

クライエント様に渡した真っ白のメモ用紙は、クライエント様が「大切に思っている・大事にしていきたい」モノや事で少しずつ埋まっていきます。

その時白紙を埋めていった単語単語は、大げさなものではなく日常にありふれたものでした。

それはつまりクライエント様の日常に『幸せの種』がたくさん埋まっているということ。

その中で一つ「んっ?」と引っかかる言葉がありました。

それは『幸せごはん』という言葉。

「ごはん」ではなく「幸せごはん」。

その真意を聞かせてもらったところ、『家族でおいしくごはんが食べられること』だとおっしゃっていました。

そのとき僕自身もクライエント様の笑顔に連られ自然と笑顔になっていました。

そして『なるほどなぁ~。』と新たな気づきが得られました。

三ツ星レストランで食べるような高級料理であれば、きっと一人で食べても家族や友人で食べてもおいしく感じられるでしょうし、幸せに感じられるでしょう。(「いや、そんな高級なお店で食べたら緊張して味なんてわからないよ。」と僕はなりそうですが、、、笑)

しかし、日常生活においてそんなに頻繁に高級料理を食べられるわけではありません。

では「幸せごはん(幸せになれるごはんを略して)」ってたまにしか味わえないの?というと、実はそうではありません。

誰でも「幸せごはん」は食べられます!!

その方法は、

『一緒に居て楽だな~。』『傍に居ると落ち着くな~。』と思える人と一緒にごはんを食べること!

ただそれだけなんです。

そしてその相手は、家族でも友人でも恋人でも先輩でも後輩でも誰でもいいんです。

「幸せごはん」の正体は、「美味しい料理」ではなく、「美味しい時間」なのではないかと・・。

何を食べるかではなく、誰と食べるか。