「分からない。」に二重丸を


「分からない。」

子どもがよく使うフレーズ。

そして大人がイライラするフレーズ。

『ちゃんと考えなさい!』

『分からないは答えにはならないよ。』

子どもは続ける。

「だってよく分からないんだもん。」

『分かるまで考えないからでしょ!』

ここで子どもは泣きだしてしまった。

よくある教育のワンシーン。

でもちょっと待って。

【本当にその子が自力で分かる質問?】

【本当にその子は考えていないの?】

【本当にその問いの答えは存在している?】

大人だって「分からない」ことは山ほどあるはず。

「いつになったら結婚するの?」

「お前は本当は何がしたいんだ?」

「今の自分を心から幸せって言えますか?」

・・・・分からない。

でもそれがきっと『今のあなたの答え』のはず。

考えても考えても分からないことだらけ。

人生においては

「海老でマグロが釣れる」こともあるかもしれない。

「1+1=100」になることもあるでしょう。

「I am baseball. I have a bat everyday!!」でなんとなく通じちゃう。

教科書なんて無いのだから

「分からない。」はその人が必死に絞り出した

心の解答だ。

後からそのテストを見返してごらん。

ついでに丸付けもしてみよう。

どうしていいか本当に分からなかったその時

一生懸命考えた上で出した「分からない。」になら

大きな二重丸をあげてもいいんじゃないかな。

今ラーメンが食べたくたって

明日になればうどんが食べたくなっているかもしれない。

ほらこんな小さなことですら「分からない」と思うと

考えすぎることが馬鹿らしくなってきて

『分からなくてもいいじゃん!』って開き直れるかも。

灰色がちゃんと1つのカラーであるように

「分からない。」もちゃんと1つの答えだから。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログを読んで疑問に思ったことや感想などありましたら

[info@icr-kokoro.com]宛にメールいただけると嬉しいです。

では、また次のブログでお会いしましょう(^^)ノシ

#癒し #気づき

iCR

i Counseling Room

​療法紹介
Therapy guide
料金表
Price list
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
SNS連携
Connection