削れない鉛筆は誰?

1本の鉛筆さんのお話がある。

【細く鋭いその鉛筆さんは

どんな細い線でも書くことができ

どんな小さな空白も見逃すことなく

塗りつぶすことが出来る。

そんな鉛筆さんは

もっともっと頑張って

もっともっと誰かの役に立ちたいと

そう思っていた。

しかしある時不幸にも

芯が折れてしまった。

芯の根元近くから折れてしまって

これまでの頑張りが全て

無駄になってしまったように感じた。

でもそんな時誰かが言った。

「細くなくても線は書けるし

鋭くなくても塗りつぶせるから

太く丸い鉛筆さんでもいいんじゃないの?」と。

鉛筆さんはその言葉で気付いた。

頑張って頑張って尖らせていっても

どこかで限界がくる。

今以上に削ることが出来なくなったとき

実は相当折れやすくなっている。

それ以来無理はせず

でも一生懸命書き続けている。】

さて人一倍周りに気を遣って

色んなことを自分のせいにして