なぜにチキン?なぜに靴下?


どうもこんにちは、心理カウンセラーの乾です。

例年はクリスマスまでに雪が何度か降っていて、ホワイトクリスマスになっていたり、ものすごく寒くて待ちゆく人皆厚手のコートを羽織っている姿から、「クリスマスが今年もやってきた~♪」と、CMのワンフレーズを口ずさんだり、口ずさまなかったり・・・。

それが今年は、あまりクリスマスっぽさが感じられないんですよね~。

それもそのはず!!

今日も家の近くで、工事をしている音がバンバンなっております。

クリスマスの日まで本当にご苦労様です<(_ _)>

っていやいや!お仕事なのはわかりますが、今日くらいは、、ね、、?

チキンを食べて、ツリーに靴下飾って、みんなで盛り上がりましょう。

ん?そういえばクリスマスはなぜにチキン??なぜに靴下??

ということで、今日はクリスマスのお話をしたいと思います。

新たな疑問が湧いてくると、相も変わらずサーチ欲が湧いてきます。

色んな記事をカタカタ、カタカタしていると謎が解けましたヽ(^o^)

どうやらヨーロッパからアメリカへ向かった移住民たちが、現地で飢えをしのぐために捕まえ食べたのが、七面鳥だったようですね。そして、現地人からも七面鳥が与えられ、移住民たちは飢え死にせずに済んだ、という流れがあるようです。七面鳥は単なるごちそうではなく、アメリカ発の歴史ある縁起物だったというわけですね。

それをケンタッキーが上手に利用したようです!

やるな!カーネルサンダース!

また、なぜ靴下にプレゼントを入れていくのかというと、サンタの起源となった聖ニコラウスが、ある日貧しさのあまりに三人の娘を売り飛ばすことを考えている一家の存在を知ります。そして真夜中にその家を訪れ、金貨を投げ入れたのだそうです。そのとき暖炉には靴下がさげられており、金貨がちょうどその靴下の中に入っていた、ということから、「サンタクロースが真夜中にプレゼントを靴下に入れていく」、という習慣ができたようです。

クリスマスの時期は、靴下もよく売れるのでしょうか?笑

それにしてもどちらも生死がかかった、極限の状況から生まれたものであったという訳です。

そう思うと、他国から輸入されたイベントとはいっても歴史を感じますよね。

このように知ると面白いなぁと思うこともありますし、逆に知らなくてもいいこともありますよね。例えばサンタさんはだれなのか・・・。笑

その真実に迫ろうとした記事を昨年書いていました!笑

昨年のクリスマスの記事のリンクです→リニューアル☆

よければ読んでみて下さい。

クリスマスだから特別感を無理やり求めなくてもいい気もしますが、普段あまり凝ったことをしない人や贅沢を控えている人は、逆に「クリスマス」にかこつけていつもとはちょっと違うことをしてみるのも良いかもしれませんね。

それでは、後7時間ほどですが、家族や友人、大切な方と少しの時間でも一緒に過ごしてクリスマスを満喫してくださいね。

メリークリスマス!!🎅🎄🎁


最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログを読んで疑問に思ったことや感想などありましたら

[info@icr-kokoro.com]宛にメールいただけると嬉しいです。

では、また次のブログでお会いしましょう(^^)ノシ

#イベント #気づき #画像 #小ネタ

iCR

i Counseling Room

​療法紹介
Therapy guide
料金表
Price list
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
SNS連携
Connection