わたしと3冊の本

部屋の押入れの掃除をしていると

付箋がたくさん貼ってある3冊の本が見つかった。

1冊目は高校時代大好きだった雑誌だ。

付箋をつまんで開いてみると

好きなモデルやオシャレなバッグのあるページに

一瞬にして跳ぶことができた。

この頃はとにかく憧れて服装も仕草も真似してみた。

本気でこうなれると思っていた。

2冊目は社会人になってから受けた資格試験の参考書だ。

当時は『出来ればもう開きたくない』と思っていたけれど

今見るとなんだかとても懐かしく感じる。

決して綺麗な字ではないけれど

『世界で1冊だけの参考書だ』って思うと

“くすみ”すら輝いて見えた。

3冊目は大学時代愛読していた小説だ。

小説に付箋を貼る物好きは少ないのだろうけど

気に入った台詞やフレーズを見つける度貼っていた。

存在しない人の言葉なのに

どんなに偉い人の名言よりも心に響いた。

今はきっとその時ほど感動はしていない。

そんな当時の私を支えた3冊の本を押入れに片付けたあと

『わたしって何のために生きているのだろう?』

『どのくらい価値があるのだろう?』

ふとそんなことを考え始めた。

答えなんてすぐ出ないことはもちろん分かっている。

誰が答えてくれるわけではないことも。