枯れかけのその芽には


やっとの思いで土を押しのけたであろう

その芽は枯れかけていた。

お日様の光が足りなかったのか?

それとも水が少なかったのか?

はたまた栄養分が足りていなかったのか?

理由はなんであれ

生まれたばかりの命が

小さく小さくなっているように見えた。

そう思った瞬間突風が吹いた。

でもその芽は飛ばされなかった。

その芽は枯れてはいない。

僕が可哀想だと思っていても

その芽はちゃんと生きようと思って

土を押しのけて出てきている。

僕の目には絶望を抱えているように映る未来も

枯れかけのその芽には

希望が映っているのかもしれない。

自分で自分を諦めてしまわなければ

ちゃんと未来は見えてくる。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログを読んで疑問に思ったことや感想などありましたら

[info@icr-kokoro.com]宛にメールいただけると嬉しいです。

では、また次のブログでお会いしましょう(^^)ノシ

#癒し #気づき

iCR

i Counseling Room

​療法紹介
Therapy guide
料金表
Price list
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
SNS連携
Connection