私季折々


『人生を四季に例えるなら…


君たちは「夏」を過ごしていくことになります。


穏やかにポカポカ過ごしていられる「春」は終わりました。


自ら考え行動し


色々な経験を積極的に積んでいくのが「夏」です。


時間や季節は逆行しません。


緩やかな秋


そして静かな冬を過ごすためにも


是非この大学で「夏」を学んでみてください。』


学長のありがたい挨拶。


人生の一生を春夏秋冬の四季になぞらえた


詩的な挨拶のように感じられる。


たしかに時間は戻らないし


季節は逆行しない。


人の一生を80年ほどで考えれば


大学生はちょうど「夏」の入り口になりそうだ。


でも違和感は拭えない。


そもそもどうして人生を1周のみの四季に例えるのか?


私たちは1年間で春夏秋冬を1回ずつ経験する。


暖かくて陽気で


色んなことに温情を感じられる「春」を過ごし


暑くてにぎやかで


色んなことに情熱を感じられる「夏」を過ごし


涼しくて穏やかで


色んなことに哀愁を感じられる「秋」を過ごし


寒くて厳しくて


色んなことに慈悲を感じられる「冬」を過ごす。