top of page

Like a Rabbit!

なんやかんやと新年あけましたね🐇🎍

今年はぴょんぴょん飛躍の年にしましょう!(ᐢ..ᐢ)

改めまして、iCRです🍀


気づけば2022年が終わっていて、年の暮れにふと小さい頃の一場面を思い出しました。


 

(年が変わる瞬間にジャンプ!!)

小学生僕「はい!オレ年変わる瞬間にこの世に居なかったーーー!!!」

 

・・

・・・だからなんやねん!笑


居るし!

地面に足ついていなかっただけでジャンプしたとしても地球上には存在してるし!

というか、年変わる瞬間だけはこの世に居ようよ!笑

1年に一瞬しかないチャンスなんだから。


小学生の僕は何を考えていたのでしょう・・・。


・・・あ、未だに心理カウンセラーとして“地に足がついていない”という意味においては正しいか...


やかましいわっ(゚Д゚)ノ



こんな感じで2023年の当ルームのブログ開幕です!


さて、今年はうさぎ年!🐇

昨日まではとら年!🐅


とらの次にうさぎって、、、

てかそもそも干支の動物の順番ってなんなのか?

というかなんであの12匹の動物なのだろうか?


・・・なぞは深まるばかりです。


みなさん、ちゃんと順番に言えますか?

多分多くの方がリズム歌で覚えているのではないかと思います♪


「ねーうし、とらうー、たつみー、うまひつじ、さるとり、いぬい」('◇'){ヨンダ?

昔からこうやって干支の話になると、必ずいじられていました。


僕、名字が「いぬい」なんで。笑



話を戻しまして、干支の順番は何で決まっているのか・・・


こんな面白い物語があります!!

 

ある年の暮れ、動物たちに神様が言いました。

「元日の朝に私のところへ来た者で、12番目までのものを年神とする」

話を聞いた動物たちは大喜びをして準備を始めますが、のんきなネコは神様の話を忘れてしまいそばにいたネズミに尋ねます。

「ネズミさん、神様のところへ集まるのはいつだったかな?」

「ネコさん、神様は元日は忙しいから二日にすると言っていたじゃないか」

ずる賢いネズミは、ネコに嘘を教えるのですがそれを信じたネコはのんきにまた昼寝を始めました。

そして大晦日になり、足の遅いウシは早いうちから移動を始めます。

ずる賢いネズミは、ウシの背にひょいっと飛び乗りますが、小さなネズミにウシが気付くことはありません。

ほかの動物たちも、日が暮れるにつれてだんだんと動き始めますが、ネコだけは「みんなこんなに早く移動したって、集まるのは二日だろ?」と再び眠ってしまいました。

そして元日の朝、神様が門を開けるとぞくぞくと動物たちが集まってくるのが見えます。

一番に門の前へやってきたのはウシでしたが、ウシの背に乗っていたネズミは門の前につくと華麗に飛び降り、一番に門を通り抜けました。

そのあとにウシ、トラ、ウサギ、タツ、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ、イノシシと到着したのです。

こうして12匹の年神様が決まったのですが、ネズミに嘘を教えられていたネコは二日に神様のところまでやってきて「私が一番だ!」と喜んだのもつかの間、神様から「集会は昨日だぞ?残念だが、帰っておくれ」と門前払いされてしまいました。

それ以来、ネコは嘘を教えたずる賢いネズミを追いかけるようになりました。

 

オチまで完璧ですね!!笑

動物として人気も知名度も高いネコが入っていないのには、こんな悲しい?訳があったそうです。


この物語のネズミさんほどずる賢くなるのはどうなのかなと思いつつも、少ないエネルギーで前に進んでいく方法を考えて実践することも大事なのではないかと思う今日頃ごろ。


・人の何倍も努力する!

・苦労は買ってでもする!

・辛い経験こそ自分の為になる!


これはこれで成長に繋がる考え方だと思いますが、身体や心がちゃんとついてくるのか?


自分にあった頑張り方やペース、努力の報われやすい方法がある気がします。



本当に辛いときをぴょんと乗り越えられるように、いつも少しの余裕を作りながら過ごしていきましょう!!(´ー`){オアトガヨロシイヨウデ



◆追記

前回のブログで「次回は1月1日です!」とお伝えしておきながら、なぜかうまく記事更新されず気づいたらぴょんと4日も過ぎていました!m(_ _)m

年明けいきなりやらかしましたが、みなさまうさぎさんを見守るような温かい目、大きな器でどうか許していただけますと嬉しく思います🐇

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では、また次のブログでお会いしましょう(^^)ノシ

Comentários


bottom of page