思いやり?重い槍?

どうも。心理カウンセラーの乾です。

珍しく、前回からの更新が早いです!笑

今回はタイトルにある通り、「思いやり」と「重い槍」の違いについて

話していきたいと思います。

・・・はい。分かっていますよ。笑

発音以外全然違うじゃないかというご指摘!!

一方は、「心」で一方は「武器」ですからね・・・。

しかし、この両者は発音が似ているだけでなく、実は表裏一体な関係なのです!

今日はそんなお話です。

さてみなさん、普段電車に乗ったりしますか?

通勤や通学で使う方も、休みの日に出掛ける為に利用される方もいらっしゃることでしょう。

僕は田舎に住んでいますし、車があるのでなかなか電車は使わないのですが、、、。

例えば、電車に乗っている自分を想像してみてください。

あなたは、シート(優先座席ではない)に座っています。

目の前にはおばあさんが立っています。

こんな状況の時あなたは、あばあさんに席を譲ってあげますか?

それとも見て見ぬふりをしますか?

おそらくこんな質問をすれば、多くの人は前者を選択するでしょう。

そしてサッと譲れたあなたは『思いやり』をお持ちの方だと思います。

しかし、そのおばあさんが「ありがとう」の一言も無しに、当たり前のような顔で譲ってもらった席に座ってしまったらどうでしょうか?

もしかしたら、ムッとするかもしれませんし、『譲らなきゃ良かった』とさえ思うかもしれません。

そこまで思わないにしても、大体の人はいい気はしないものです。

もちろん好意で譲った訳ですから、「ありがとう。」がないことに対して不満を抱くのはおかしいのです。

しかしそんなことも分かった上でも私たちは人間ですから、やっぱり「ありがとう。」の一言くらいは貰えないと悲しいもの。

要求しているものはホントに小さいものなのですが、そんな小さなものがないだけで人は満たされなかったりするものなのです。