好きは好き!嫌いも・・・好き??

どうも。心理カウンセラーの乾です。

2019年ももう2月の中盤ですが、まだ少しバタバタしていますか?

今年も色んなイベントが目白押しですね。

今日は男性も女性もちょっと恥ずかしくも嬉しいバレンタインデーです!

学生時代、やっぱり当日はみんな(自分だけ?)どこか落ち着きがなかったような気がします。笑

『別にチョコなんて意識してないよ~』感を出せば出すほど、違和感たっぷり、怪しさ満載の言動が増えること増えること!!

【普段通り】がいかに難しいかを教えてくれたバレンタインデー・・・・なんか遠い昔のようです。

バレンタインデーは女性がチョコとともに意中の男性に想いを伝える素敵なイベントです。

一生懸命手作りしたチョコを好きだと言う気持ちと一緒に受け取ってもらえたら最高ですよね。

そこで今回は、「好き」という気持ちに絡めたお話をしていこうと思いまーーーーす。

小さい頃、こういう子いませんでした?

【ある小学校での一コマ】

周りの子「お前、A子ちゃんの事好きなんだろー?だからノート見せてあげてるんだろー!!」

ピュア君「ハ、ハァ?ちげーし!!こんなやつの事、全然好きじゃねーし!!」

    「早く、ノート返せよ!ブース!!」

A子ちゃん「・・・・・。(無言泣き)」

女の子「ピュア君サイテー!A子ちゃん泣かしたー!!」

周りの子にからかわれ、好きな子を泣かしてしまい、女の子たちから責められるという地獄絵図。笑

自分の気持ちとは反対の言動を取ってしまう、ピュア君の悲しい物語。

きっと数年後には甘酸っぱい思い出になるでしょう・・・・。(誰?笑)

実は、このピュア君の言動はちゃんと心理学的に説明がつくのです!

私たちの心の働きの1つに『防衛機制(ぼうえいきせい)』と呼ばれるものがあります。

これは、何かを体験することによって生まれる心的な苦痛や不安の予感から身を守ろうとする心の保護的な働きです。

そしてこの防衛機制にはいくつもの種類がありますが、その中の1つに「反動形成(はんどうけいせい)」というものがあります。

これがピュア君の不可解な言動の正体なのです。

反動形成というと分かりにくいかもしれませんが、イメージとしては“あまのじゃく”や“ツンデレ”だと思っていただければ結構です。

(厳密に言えば違いますからね。あくまでイメージですよ、イメージ。他の専門家の方には乾がこんなこと言ってたよー、なんて言わないでくださいね。)

好きな子にわざとちょっかいを出したり、わざと避けるような行動をとったり・・・。