Like a ....


今あなたの目の前には3冊の小説がある。


1冊目はカバーがとてもキラキラ光っていて


表紙には「Like a Crystal」と書かれている。


内容はというと


主人公だけでなく登場人物全員が


それぞれ毎日をハッピーに過ごしていて


彼らの人生は成功と奇跡の連続で溢れている。


行き先々で多くの人から愛され


職場でも頼りにされ高い評価を受ける。


全ての物事がうまくいき全ての努力が報われる。


それに不思議な力に守られているためか


降りかかる災難全てを無傷で通り抜けている。


眩しいほどに輝いている


そんな物語。


2冊目は1冊目とは打って変わって


カバーがものすごくくすんでいた。


タイトルは「Like a Garbage」だ。


恐る恐る内容をみていくと


主人公はいきなり災難に見舞われて


家族だけでなく友人や恋人とも


離れ離れになってしまう。


不幸はこれだけでは終わらない。


主人公は行き着く街・職場で


理不尽な嫌がらせを受ける羽目になる。


周囲の人間も見て見ぬ振りで


誰一人手を差し伸べてはくれない。


慈悲も救いもない


そんな物語。


では最後の3冊目はというと


カバーは少しだけくすみがあり


本の角は軽く傷ついているが状態は全然よい。


「Like a Roller coaster」と書かれた表紙をめくると


物語の序盤で主人公は急な転勤を言い渡され


家族・友人・恋人と一時的に離れ離れになってしまう。


最初は慣れない土地・慣れない環境で


周りに溶け込めず周囲の力を借りれないこともあったが


次第に評価され頼りになれるようになる。


ときにはそんな主人公を妬み


理不尽な嫌がらせをしてくる者もいて


気持ちが不安定になる日々も続いたが


少しずつ自分が成長するための糧にしていった。


離れてはいるが


家族も友人も恋人も


みんなそれぞれに苦労をしつつも


充実した日々を送っている


そんな物語。


さてあなたは人生は一体どれだろう?


誰かの人生をみれば


上がり続けているように見え


自分の人生を思うと


下だり続けているように見える。


しかし誰の人生もジェットコースターのように


その人にしか分からない山と谷がある。


「Like a Roller coaster」の背表紙には


こう綴られていた。


But it's your choice to scream or enjoy the ride!


(しかしただ叫ぶのか、楽しむかはあなた次第だよ!)」と。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログを読んで疑問に思ったことや感想などありましたら

コメントいただけると嬉しいです。

では、また次のブログでお会いしましょう(^^)ノシ

#癒し #気づき #人生を考える1ページ #Likea....